○名前

南晴貴(Haruki MINAMI)

 

○出身

栃木県

 

○E-mail

haluki_929@chiba-u.jp

 

○研究テーマ

DNAベース光・電気機能性材料の創生

 

○略歴

2012年 栃木県立石橋高等学校 卒業

2016年 千葉大学 工学部 画像科学科 卒業

2018年 千葉大学 融合科学研究科 修士課程 修了

現在 千葉大学 融合理工学府 博士後期課程 在学中

 

○所属学会

高分子学会

光科学会

 

○フェローシップ

2019年〜2021年 双葉電子記念財団奨学生

2019年 フランス政府給費留学生

 

・学術雑誌等に発表した論文

  1. Haruki Minami, Ryota Takahashi, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi, “Electrochemically triggered upconverted luminescence for light-emitting devices” Chemical Communications, 55, 12611, 2019. ※同誌(IF = 6.164)のバックカバーとして採用

  2. Haruki Minami, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi, “Enantioselective luminescence enhancement of chiral Ru(phen)32+ complexes by interaction with DNA”, Journal of Nanophotonics, 12, 033005, 2018.

  3. Kazuki Nakamura, Haruki Minami, Amika Sagara, Natsumi Itamoto, Norihisa Kobayashi, “Enhanced red emissions of europium(III) chelates in DNA-CTMA complexes”, Journal of Materials Chemistry C, 6, 4516-4522, 2018.

  4. Shota Tsuneyasu, Ryota Takahashi, Haruki Minami, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi, “Ultrafast Response in AC-Driven Electrochemiluminescent Cell Using Electrochemically Active DNA/Ru(bpy)32+ Hybrid Film with Mesoscopic Structures”, Scientific reports, 7, 8527, 2017.

 

・学術雑誌等又は商業誌における解説,総説

  1. Norihisa Kobayashi, Haruki Minami, Kazuki Nakamura, “Photonics of DNA/Ruthenium(II) complexes”, Nanophotonics, 7, 1373-1385, 2018.

 

・国際会議における発表 (口頭発表,査読なし,1件)

  1. ○Haruki Minami, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi, “Optical chirality change of luminescent materials by association with DNA”, Ajou University-Chiba University Joint Symposium, Ajou University (Korea), November 2018.

 

 

・国内学会・シンポジウム等における発表

(口頭発表,査読無し)

  1. ○南 晴貴,宮里 麻佑,中村 一希,小林 範久,「アルキルアンモニウム塩とキラル Eu(III)錯体の相互作用による赤色発光増強およびその光学キラリティー」,第36回希土類討論会,1B-13,札幌市教育文化会館(北海道),2020年5月

  2. ○Haruki Minami, Ryuki Ozawa, Kazuki Nakamura, and Norihisa Kobayashi, “Novel electrochemiluminescent device with DNA/photo-electro functional molecles”,第69回高分子学会年次大会,3M13,福岡国際会議場(福岡),2020年5月

 

​     など

 

(ポスター発表,査読無し)

  1. ○南 晴貴,中村 一希,小林 範久,「Enantioselective luminescence enhancement of chiral Ru(phen)32+ complex by interaction with DNA」,2017年光化学討論会,1P10,東北大学青葉山キャンパス(宮城),2017年9月

  2. ○南 晴貴,中村 一希,小林 範久,「DNAと光学活性Ru(phen)32+錯体の複合化によるエナンチオ選択的発光増強とそのメカニズム」,第66回高分子学会年次会,3Pd060,幕張メッセ(千葉),2017年5月

 

​​   など

 

 

○好きなこと

アクアリウム(水槽2つあります)

筋トレ

映画(ミステリー、ホラーなど)