○名前
木村俊輔(Shunsuke Kimura)

 

○E-mail
s.kimura12548@chiba-u.jp

 

○研究テーマ
エレクトロクロミズム(銀析出型エレクトロクロミック素子)

 

○略歴
2013年 渋谷教育学園幕張高等学校 卒業
2017年 千葉大学 工学部 画像科学科 卒業
2019年 千葉大学 融合理工学府 修士課程 修了
現在 千葉大学 融合理工学府 博士後期課程 在学中

 

○所属学会
電気化学会
Society for Information Display (SID)

 

○受賞
[6] 2020年3月 電気化学会第87回大会 優秀学生発表賞
[5] 2019年3月 学長表賞(千葉大学)
[4] 2019年3月 大学院融合理工学府長賞(千葉大学)
[3] 2018年12月 IDW'18 Best Paper Award
[2] 2018年6月 光化学若手の会 学生ポスター賞
[1] 2017年12月 IDW'17 Outstanding Poster Paper Award

 

○フェローシップ
2019年〜2022年 日本学術振興会 特別研究員(DC1)
2019年〜2022年 千葉大学大学院 融合理工学府 先進科学プログラム
2019年 日本学術振興会 若手海外挑戦プログラム
2019年 フランス政府給費留学生

 

○学術雑誌等に発表した論文(査読あり、3件)
[3]
Shunsuke Kimura, Tomoko Sugita, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“An improvement in the coloration properties of Ag deposition-based plasmonic EC devices by precise control of shape and density of deposited Ag nanoparticles”,

Nanoscale, Volume 12, Issue 47, pp 23975-23983, 2020.
DOI: https://doi.org/10.1039/D0NR05196A

[2]

Shunsuke Kimura, Ryo Onodera, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Bistable silver electrodeposition-based EC device with a Prussian blue counter electrode to maintain the mirror state without power supply”,
Solar Energy Materials and Solar Cells, Volume 205, pp 110247-110252, 2020.
DOI: https://doi.org/10.1016/j.solmat.2019.110247

[1]

Shunsuke Kimura, Ryo Onodera, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Improvement of Color Retention Properties of Ag Deposition-based Electrochromic Device by Introducing Anion Exchange Membrane”,
MRS Communications, Volume 8, Issue 2, pp 498-503, 2018.
DOI: https://doi.org/10.1557/mrc.2018.55

 

○国際会議における発表
[6]
Shunsuke Kimura, Tomoko Sugita, Kazuki Nakamura, 〇Norihisa Kobayashi,
“Improvement of Color Purity in Silver Electrodeposition-Based Multicolor Electrochromic Device”,
Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science (PRiME 2020), H07-2085, (Online), October 2020.

[5]
〇Shunsuke Kimura, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Fabrication of Complementary Electrochromic Device Based on Ag Deposition / Prussian Blue: Its Optical Modulating Properties and Memory Functions”,
Pacific Rim Meeting on Electrochemical and Solid-State Science (PRiME 2020), H07-2070, (Online), October 2020.

[4]
〇Shunsuke Kimura, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Optimization of Prussian Blue Modified Counter Electrode in Ag Deposition-based Electrochromic Device”,
The 26th International Display Workshops, EP3-2L, Sapporo (Japan), November 2019.

[3]
〇Shunsuke Kimura, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Improved Memory Function in Ag Deposition-based Electrochromic Device Utilizing Prussian Blue on Counter Electrode”,
The 25th International Display Workshops, EP3-2, Nagoya (Japan), December 2018.

[2]
〇Shunsuke Kimura, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Construction of Ag Deposition-based Electrochromic Device Utilizing Prussian Blue as Counter Reaction Material and Evaluate the Color Retention Characteristic”,
The 13th International Meeting on Electrochromism, P-14, Chiba (Japan), August 2018.

[1]
〇Shunsuke Kimura, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi,
“Improvement of Memory Properties of Ag Deposition-Based Electrochromic Device by Introducing Ion Exchange Membrane”,
The 24th International Display Workshops, EPp1-5L, Sendai (Japan), December 2017.

 

○国内学会・シンポジウム等における発表
[5]
〇木村俊輔、杉田朋子、中村一希、小林範久、
「銀析出型EC素子の銀ナノ粒子形態がプラズモン共鳴吸収に及ぼす影響」、
電気化学会第87回大会、3N07、(Web討論会)、2020年3月

[4]
〇若月洸、杉田隆紀、木村俊輔、中村 一希、小林 範久
「対極反応材料としてNiOを用いた銀析出型エレクトロクロミックデバイスの構築」
日本化学会第100春季年会、3G5-15、東京理科大学(千葉)、2020年3月

[3]
〇福田栞、杉田朋子、木村俊輔、中村一希、小林範久
「銀析出型エレクトロクロミック素子における銀ナノ粒子の光電気化学応答性解析」、
日本化学会第99春季年会、1G2-11、甲南大学(兵庫)、2019年3月

[2]
〇木村俊輔、中村一希、小林範久、
「酸化還元反応性対向電極を有する銀析出相補型EC デバイスの発色保持安定性」、
2018年電気化学会秋季大会、2K14、金沢大学(石川)、2018年9月

[1]
〇木村俊輔、HONG Jineui、中村一希、小林範久、
「陰イオン交換膜の導入による銀析出型エレクトロクロミック素子の発色保持特性向上」、
日本化学会第97春季年会、3E4-41、慶應義塾大学(神奈川)、2017年3月

 

○好きなこと
鉄道(乗り鉄、呑み鉄)
旅行
音楽鑑賞(主にクラシック。オーケストラ、室内楽、合唱、ピアノ、オペラ、etc.何でも聴きます。)
合唱(歌う方)
カメラとか写真(時々)
コーヒー、アイスクリーム、お酒