• ジフェニルアントラセンの電気化学安定性が青色交流駆動電気化学発光特性に与える影響

    Electrochemical Stability of Diphenylanthracene and Its Effect on Alternating Current-Driven Blue-Light Electrochemiluminescent Properties

    Shota Tsuneyasu, Takuya Ichikawa, Kazuki Nakamura, Norihisa Kobayashi, ChemElectroChem, vol. 4, pp. 1731-1735, (2017).

    9, 10-diphenylanthracene(DPA)は光励起で良好な青色発光を示す物質として知られていますが、電気化学的には還元種に比べ酸化種の安定性が低いため、良好な電気化学発光(ECL)を得ることが困難でした。本論文では、DPAの酸化還元生成種の電気化学的安定性に着目し、電気化学的に安定な溶媒である炭酸プロピレンとDPAの高い溶解性を示すトルエンの混合溶媒を用い、DPAの酸化種安定性の改善を目指しました。その結果、DPA酸化種の電気化学的な安定性が大きく向上することで、交流駆動ECL特性が向上しました。

    2017-02-21