生体高分子(DNA)機能化

 DNAは明瞭な2重らせん構造を持つ生体高分子であり、その特異的な構造と多様な結合モードによりさまざまな機能分子を構造中に取り込むことが可能です。そのため、光増幅器、トランジスタ、バイオセンサーなどにおける新規機能材料の作製に利用されています。本研究室では、さまざまな機能分子をDNAと複合させることによって、下記のような新規機能材料への展開を目指しています。

DNA/ルテニウム錯体としての光電機能材料への展開

DNA複合化による希土類錯体の発光特性向上

高次配向組織化によるDNA光電機能化

生体高分子を用いた有機薄膜トランジスタメモリ